2018.05.05

UVケア用品の使い分け!?紫外線対策していますか?/顔・腕・日焼け防止対策

UVケア用品の使い分け!?紫外線対策していますか?/顔・腕・日焼け防止対策

紫外線が気になる季節の真っ最中!?貴方のUV用品の選び方はあっていますか?
明石・西明石・大久保・神戸市西区/ブライダル・フェイシャル・引き締め

 

 

日本で紫外線が一番強くなるのは5月である!
というのは近年有名になってきた話ではないでしょうか?

 

 

皆さんは紫外線対策
どうされていますか???

今日は、日焼け止めに書いてある「数値」についてお伝えします。

 

 

皆さんこんにちは。
エステサロンKyaraBeauty
代表 西本 和紗です。

 

初めましての皆さまへ。

 

 

紫外線対策と言えば・・・
・日焼け止めクリーム
・帽子
・手袋
・日傘

などなどが一般的に良く使われているのではないでしょうか?

 

 

紫外線には「UVA」[UVB」「UVC」の3つがありますが
オゾン層で守られている為、日本ではUVCが降り注ぐことはありません。
※オゾン層の破壊が進んでいるオーストラリではUVCが降り注ぐと言われています

 

ですので、日本で生活をされている方は2種類に注意することになります。

 

 

そこで日焼け止め選びの基本の部分をお伝えします!

 

まず、UVA予防に対して表している数字が「PA+」
と表記されているものです。

 

続いてUVB予防に対して表している数字が「SPF〇〇」
と表記されているものです。

 

 

皆さんはこのSPF〇〇の〇〇が50のように数字の大きい物!
PA+++のように+が多い物!が
「より効果的で良いはず!?」

 

と、思っていませんか?

 

 

実は、日常生活を送る上でこの数字や+が大きい(多い)物はお肌への普段も大きいのです。

 

 

日常生活で選ぶレベルは・・・

 

SPF15~20
PA++

この程度で十分と言われています。
※日常生活とは通勤や生活の買い物レベルの外出のイメージです。

 

 

レジャーで日光の下に出る時は、普段使いの日焼け止め化粧品の上から強めの物を使うなどの工夫をされる事をオススメしています。

 

また、どんなに強いUVケア商品でも、2時間おき程度での塗り直しが推奨されています。(最近では塗り直しや髪の保護もしやすいスプレータイプも増えました!)

 

 

また、通常皆さんが使われている各社のメイク用品にはUV効果の期待できるものがたくさんあると思います。それらを塗り重ねている(下地→CC→ファンデのように…)ことも効果アップに一役買っていると言われています。

 

 

まずはご自分のUVケア用品の表示をご確認いただき
今塗っている物は日常用かレジャー用か?
ご確認くださいね!

 

 

次回はUVケア用品の種類
UVケア用品でアレルギー反応を起こす方の事例をご紹介します!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

私達KyaraBeautyでは

 

スピーディに!
お手頃価格で最高のケアを提供することをコンセプトに日々取り組んでいます。

 

毎日キレイでいたい方のために
通いやすいエステサロン実現します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

美容・健康のお悩みご相談もお気軽にどうぞ
【 お問合せフォーム 】

 

LINE@からのお問合せやご予約・ご相談が便利です

 

 

Facebookページはこちら

 

 

Instagramはこちら

 

 

毎日キレイでいたい方専用

お手頃価格で最高のエステを